×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

モバイルスイカ活用術!チャージポイントを貯める!

モバイルスイカチャージ方法

人気のモバイルスイカですが、スマートフォンでは、NTTドコモ以外には対応していなかったのですが、最近、おサイフケータイの使えるアンドロイドを搭載しているスマートフォンなら、使えるようになりました。
モバイルスイカは、簡単で便利な今までのスイカ以上の機能がついています。使わない手はありませんね。
改札の通り方は今まで通り、タッチ&ゴーです。
チャージの方法は、携帯電話でできます。登録のクレジットカードから、電子マネーのチャージが可能です。
ビューカードに登録していると、自動改札機にタッチして入るだけでチャージできるオートチャージも使えます。モバイルバンキングで契約していれば、形態電話の操作だけで、銀行から入金ということも可能です。
1回のチャージの額は、1000円単位で10000円までです。
上限は、携帯電話機内に20000円までです。
駅の窓口や券売機清算機ではチャージできないので、注意してくださいね。また、電波が届かないところでは利用できないので、気をつけてください。
通信料はかかりますよ。
また、カードのスイカと同じように、モバイルスイカも駅のコンビニ等の1部の店舗で、現金でのチャージが可能です。
また、スイカポイントを「スイカ電子マネー」に交換すれば、モバイルスイカのチャージも可能ですよ。

即日発行のカード

 

 

即日発行のカードというものがあるのかどうかを見ていきましょう。

 

即日発行のクレジットカードはありますが、だいたいがカード会社のカウンターまで取りに行くというものになります。

 

というのもさすがに配達などの手間もありますし、審査などがありますから即日というのがなかなか厳しかったりするのです。

 

ただ、即時発行のカードが無いわけではありません。

 

探せば少なからず即日発行カードがありますのでそれらのカードを作るといいでしょう。

ETCの取り付けとETCカード

ETCの取り付けとETCカードは表裏一体です。

 

ETC車載器を取り付けておきながらETCカードを持っていなければそれはETCとして利用できないですからね。

 

そういった意味でETC車載器の購入と取り付け、ETCカード作ることは全て大切です。

 

ETC取り付けは自分でも行えますが不安な方は購入店で取り付けまで行ってもらいましょう。

 

別途費用がかかることが多いかと思いますがそれでも不安であればプロにやってもらった方が安心ですからね。

 

最近はETCの割引などもありますから色々とETCの利用機会が増えそうですね。

バイクにETCをつけたい

バイクにETCをつけたい場合にはどうしたらいいのでしょうか?

 

バイクにETCをつける場合には特定の会社でのみ購入をすることが出来ますので、そういった会社で行うことになります。

 

自動車と異なり、まだまだバイクETCというのは一般的にはなってきていないようです。

 

ただ、ETCはもはや必須のものとも言えます。

 

ETC専用レーンはどんどん増えてきていますからバイクもこの流れを受け継ぐものと思われます。

 

そういった意味でも、もう少しバイクのETC車載器などを取り扱うところが増えるといいですね。